« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

プルート問題なし♪(膿瘍経過)

プルート 「ハロ~up

Dsc09605 

相変わらずおしゃれな髪型のぷーちゃん、定期検診に行ってきました♪

 

 

何日間か牧草を食べれない時があって、

「あ~歯のびてきたかな~」と思ってたんですけど・・・

 

 

Dsc09585 

病院に行く2日前ぐらいにかさぶたがとれてちょびっと膿が出たら、

「あ~スッキリした~」って言いながら(たぶん)もりもり牧草食べ始めました!(笑)

 

 

ぷーちゃんの場合、4月1日にドバッと出て以来「ちょっと溜まる→自然排膿」を繰り返しています。

 

かさぶたが取れるまでに時間がかかると今回のようにちょっと違和感があって牧草を食べなくなることもあるみたいですが、

実際にはほとんど痛みもなく、

おいしくゴハンを食べ、うんぴぃを出し、ゆっくり寝ることができているようです♪

 

 

 

ってなわけで、歯は伸びてなくて切らなくてOK!

5月21日に切って以来伸びてません♪(* ̄ー ̄)v

爪切りもしてもらったし、CTの詳しい結果も問題なしで絶好調でした♪

 

 

~おまけ~

Dsc09580 

グルーミングスプレーがなくなったのでちがうの買ってみた♪

 

前のんも良かったけど、今回のんもすっごく良い♪

つけた瞬間からスベスベ&つやつやshine

ちょっと苦いお薬みたいな体に良さそ~なにおいするけど(*・ε・*)

本兎は気にしてないみたい(笑)


|

ストレスたまってるのよ・・・

先月のカフカねぇちゃん↓

Dsc09346 

とゆーので見てみたら

 

 

Dsc09347 

のどの毛をむしっていました( ̄Д ̄;) ガビーン

まぁ、念入りに毛づくろいしてるな~とは思っていたんですけどねsweat02

 

 

この辺りの毛に関してはストレスだけでなく、

マフマフが立派すぎて擦れたりとか蒸れたりとか原因はいろいろあるみたいです。

 

 

 

今月のカフカねぇちゃん↓

Dsc09564 

はい。

のどの毛が生えそろってきたな~と思っていたら次は右の背中down

 

 

Dsc09613 

今はだいぶ毛が生えてきました♪(* ̄ー ̄)v

 

 

いつものパターンからいくと次は左の背中。

ストレスのかからない生活をさせてあげられたらいいんですけど・・・

 

 

気候が良くなったらちょっとはおさまるかしら?

 

 

 

※ハゲにはストレス以外にもダニやカビなどいろいろな理由があります!

見つけたらすぐに病院で診てもらってくださいね♪

|

ひと肌恋しくなったら・・・

わたしくチビラ、彼氏いない歴。。。(。・ε・。)ゴニョゴニョ

でも、どーしてもひと肌恋しくなったら?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20120808 

こうします。

(※チビラの足に対する感想も多々あるかと思いますが、そっと心におさめておいてください!笑)

 

 

うさぎ肌の方が断然きもちいいheart04

|

2012年8月 2日 (木)

プルート、エンセファリトゾーン陽性!

Dsc09393 

※写真と文章は一致しません!

 

予告から時間が経ってしまいましたが、

ぷーちゃんの眼振のその後についてご報告します。

 

 

先月7月10日朝、プルート眼振・ローリングを発症。

チビラの失態により午前の診察には間に合わず、午後の診察を待って病院へ。

 

 

眼振・ローリングの原因で多い

エンセファリトゾーン(Ez)による寄生虫感染

パスツレラ等による細菌感染

に対応するお薬を処方してもらう。(フェンベンダゾール/レボフロキサシン

・Ezによる小脳の破壊が進んでしまわないよう、炎症を止めるためのお薬(ステロイド剤)を点滴

・Ezの抗体検査のための採血

以上が眼振・ローリングを発症した10日に病院でしていただいた処置です。

 

 

Dsc09405 

※写真と文章は一致しません!

 

眼振は病院に行った10日の夜中には完全におさまり、

何もなかったように良く食べ良く出していました。

 

 

7月16日、Ezの抗体検査の結果が出る。(電話にて)→陽性

症状がおさまっていたこともあり通院は3週間後、Ezのお薬(フェンベンダゾール)は継続。

※抗生物質(レボフロキサシン)も膿瘍のお薬として継続しています。

 

 

Dsc09455 

※写真と文章は一致しません!


7月27日再診。

 

・エンセファリトゾーンの抗体検査は陽性だったが、症状が出た原因がコレ!とははっきり言えない

・Ezが原因の場合、長期間症状がおさまらないことが多い

・プルートの場合、早い時点で小脳の炎症を抑えるお薬(ステロイド剤)を打てたことが早い回復につながったのかもしれない

※小脳の破壊が進めば進むほど後遺症が大きく残ってしまいます!

※ステロイド剤は逆にパスツレラ菌を活性化させることがあるので注意が必要!

・Ezはおしっこによる感染があると言われているのでカフカも感染している可能性がある

・Ezのお薬(フェンベンダゾール)は副作用がほとんどないものなので予防的にカフカにも処方することは可能

 

とにかく、数時間数分でも早い対応がその後の我が子の運命を決めるのだということを痛感しました!

 

今回の私のように症状が出ているにもかかわらず2度寝してしまうなんてもってのほか!

どうかみなさんはわたしみたいにならないでくださいね・・・(* ̄ー ̄*)

「後悔先に立たず」です! 

 

 

Dsc09471 

※写真と文章は一致しません!


で、結果Ezが原因だったのかはっきり言えないてことで。。。

このままモヤッとしたままなのは嫌なので、この日はCT検査をしていただきました♪

 

 

パッと見た感じ

・細菌感染による中耳炎・内耳炎

・膿が溜まっている

・脳腫瘍

の可能性は低いようです!(あくまでパッと見た感じ 笑)

 

わたしも画像を見せていただきましたが、レントゲンとは比べものにならないほど綺麗かつ立体的に写っていましたshine

ほんと、感動しちゃうぐらい♪笑

今後、もっと細かいところまでチェックしていただいて報告してくださるそうです。

がんの転移がないかもこれでしっかり確認できますd( ̄(エ) ̄d)

 

 

ぷーちゃんのEzのお薬は1日1回1ccずつ1ケ月半与えます。

カフカねぇちゃんも抗体検査はしていませんが、先生にお願いして予防的に与えることにしました!

1日1回0.5ccずつです。

 

 

 

長くなりましたね、最後まで読んでいただいてありがとうございましたm(_ _)m

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »