« 手術前日&お泊まりセット☆ | トップページ | カフカ、ひとときの自由生活☆ »

2012年5月11日 (金)

手術、無事終わりました☆

Dsc08541 

予定通り12時前に病院に到着。(ちょっと早く着きすぎました)

8時半にいつもの半分の量しかゴハンをもらえなかったぷーちゃん。

キャリーに入るのを嫌がって、追いかけっこもしちゃったので腹ペコです(笑)

 

 

Dsc08547
 

タクシー&電車の中では緊張してましたが、

病院ではわりとリラックスしてましたね~♪

 

 

手術に入る前に麻酔等の説明を受けました。

 

・うさぎさん(わんちゃん・ねこちゃん)の手術で怖いのは麻酔が効きすぎること。

・麻酔が効きすぎると呼吸を止めてしまうことがある。

・わんちゃん・ねこちゃんの場合、気管挿管をして酸素を送ったりするんやけど、

うさぎさんの場合は大きな手術でない限り(うちの病院では)しない。(喉頭部が狭くて弱いのでチューブで傷を付けて出血したり腫れたりするリスクの方が高いため)

・なので、うっすら意識のある状態で手術をする。

・意識があるのでメスを入れた際、足がピクッと動くことがあるが心配しなくてよい。

 

こんな感じでしょうか。

 

 

手術はあっという間に終わりました。

ほとんど血が出ることもなく、ぷーちゃんが自分で呼吸してる(胸がスースーと動いてる)のを見ながらの手術だったので安心して見ていられました!

麻酔をかけて→手術して→ぷーちゃんが麻酔から覚めるまで1時間弱。

すぐに会わせていただけたので、しばらくなでなでして帰ってきました。

 

 

今ごろゴハン食べてるかな?

 

 

※これから先は摘出した子宮と卵巣の写真が出てきます。

苦手な方は目をつぶるか、早送りするか、消してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6_3 

これは正常な子宮と卵巣。(※画像はお借りしています)

 

 

Dsc08555_3 

そしてこちらが、今回摘出されたぷーちゃんの子宮と卵巣です。

卵巣は正常です。(たぶん、びっくりしすぎてちゃんと聞いてなかったsweat01

 

 

写真右側の子宮は通常の2倍の太さがあるそうです。

写真左側の子宮には水が溜まっていました。

写真下のしこりはおそらく腫瘍だろうとのことです。(病理検査に出していただきました)

 

 

不幸中の幸いというか、どこも破れてはいなかったので転移はないだろうとのこと。

しかし、子宮の場合血管を通って転移することもあるのでまだ何とも言えないようです。

 

 

明らかに異常な状態ですがレントゲンや触診では分かりませんでした。

ぷーちゃんの場合、だいぶ前からおしっこがトイレでできなくなっていました。

てっきり“膿瘍”が痛くてトイレに乗るのがしんどいのだろうと思っていましたが、

原因はコレでした!

この子宮が膀胱を刺激してしまって、急におしっこがしたくなってトイレに間に合わなかったのだそうです。

 

 

みなさん、もともとトイレの上手なうさぎさんが少しでも「おしっこが下手になったな」と感じたら、

是非病院で調べてあげてください。

そして、ぱっと見普通のおしっこでも尿検査で潜血反応が出たときは様子を見るのではなく子宮の病気をうたがってください!

 

 

ひどくなってからでは手術をしても手遅れになることもありますから。。。

 

 

病理検査の結果が出てみないと先のことは分かりませんが、

わたしは今手術して良かった!

 

 

 

Dsc08565 

術後のぷーちゃんです。

まだ麻酔が残っているのでフラフラしていましたが、

無事覚めてくれました!

 

 

Dsc08563_2 

お腹の毛をそられたのでショックなようです。

暑くなってきたからすずしくて良いかもよ、ぷーちゃん♪

 

 

 

 

※この記事はこれまでの経験による個人的な感想です。

至らない点もあるかと思いますが、ご了承くださいm(_ _)m

|

« 手術前日&お泊まりセット☆ | トップページ | カフカ、ひとときの自由生活☆ »