« 「野菜:ペレット:牧草」の割合 | トップページ | 膿瘍破裂☆ »

2012年4月 1日 (日)

プルート膿瘍・変化☆

Dsc07823 

ふふ~ん♪かわいい♪

 

 

こんなに元気そうなぷーちゃん、

3月30日、朝起きたら膿瘍に何やらできてる。

Dsc07813 

血の塊のような・・・かさぶたのような・・・

 

 

ってなわけで

Dsc07827
 

次の検診にはまだ早かったけど病院へ。

 

・かなり大きくなっている

・そろそろばってんに切開して排膿してあげるのも手

・切開した場合家で毎日排膿するか、2日に1回通院して膿を出し切った方が良い

・でも、もうちょっとまんまるになるのを待って切開した方が負担は少ない

・一番良いのは自然に破裂して膿がでること(治りが良い)

・でも自然に破裂することは少ない

・もしかしたらこのかさぶたのところから破裂するかもしれない

・もし破裂したら舐めないように拭きとってあげてください

・急を用するものではないのでゆっくり考えてください

・現在の薬は効きが悪くなているかもしれないが充分に役目を果たしている

・他の薬もいくつかあるがそんなに効果は期待できない

・今の膿は飲むヨーグルトと普通のヨーグルトの中間ぐらいのやわらかさ

 

 

Dsc07837_2 

う~ん、切開か。。。

と心揺らぎながら、薬も変えることなく帰宅しました!

 

 

~翌日~

Dsc07873
 

きのうのかさぶたの上にさらにしろーい何かができてる。

日に日に変化する膿瘍、転機か?

 

 

さわだ先生もおっしゃっていましたが、

大きくなることはそれほど気にしなくて良いようです。

もちろん大きくならずに徐々に小さくなっていって、

切開とか破裂とかの心配をしなくていい方がもっと良いのだけど。。。

ただ、膿が体中に回ってしまうのがこわいので、

決断するタイミングが大事なのかもしれない。

 

 

※この記事はこれまでの経験による個人的な感想です。

至らない点もあるかと思いますが、ご了承くださいm(_ _)m

 

 

 

~おまけ~

Dsc07869

|

« 「野菜:ペレット:牧草」の割合 | トップページ | 膿瘍破裂☆ »