« 膿瘍治療(記録) | トップページ | 膿瘍治療をがんばっているうさぎさん&飼い主さんへ☆ »

2012年3月 6日 (火)

膿瘍治療&歯切り(記録)

先月、2月15日の偽妊娠以来、1番・2番・3番刈りの牧草を食べんくなったぷーちゃん。

(イタリアンライグラスとペレット牧草は食べていたので●は良好)

 

 

“膿瘍”もだいぶ大きくなってしまいました・・・

Dsc07515 

実際は大きい“膿瘍”に小さいのが2個ぐらいくっついてる感じです。

 

 

 

前回の歯切り(10月2日)から約5ヶ月、

「もしかしたら歯が伸びてるかもしれないな~」と思いながら病院へ。

Dsc07523 

ついでに爪も切ってもらいました♪

 

 

 

 

歯は前回ほどではありませんが右下の奥歯が2本伸びていました。

Dsc04900_2 

今回は無麻酔で切っていただけたので写真がないので、

前のやつを再利用してます。

 

今回は右下の1番手前が伸びていて、4本目がとがっていました!

間の2本はおそらく“膿”の原因になっている歯のようで、

その影響でほとんど成長していないそうです。

そのため、バランスが悪くなって両端の2本が伸びてしまったのだろうとのことでした。

 

 

今回麻酔なしで切ってもらいましたが、体を押さえられて突然パチンッと切られるわけですからストレスも大きいだろうと思います。

でも今後定期的にカットすることになるでしょうから、麻酔による体への負担を考えるとどうしても「無麻酔」をえらんでしまいますね。。。

 

 

 

Dsc07525 

プルート 「おやつちょうだい!」

 

 

歯切り直後、ほんとにドライフルーツ食べました♪笑

まだ固い牧草は食べられませんが元気モリモリです!

 

 

 

※膿瘍はさわっても悪化するということはない。

※触って嫌がる時は化膿している最中で“膿”が固くなっている。→ぷーちゃんはしんどい時なのでムリにさわらないこと。

※触っても嫌がらない時は化膿が終わって“膿”が柔らかくなっている。→ぷーちゃんはたぶん楽。

 

 

~おまけ~

Dsc07497 

美しいボディーラインheart04

|

« 膿瘍治療(記録) | トップページ | 膿瘍治療をがんばっているうさぎさん&飼い主さんへ☆ »