« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

「野菜:ペレット:牧草」の割合

Dsc07782 

さてさて、

今回は食事内容の変更について書きます。

 

 

前にも何度か書きましたが、

我が家では赤ちゃんのころから野菜をたっぷりあげています。

良質な水分を上手にとりいれるためです。

 

ですが、野菜だけでは必要な栄養(適度なカルシウムなど)が足りないんじゃないかという気がしてペレットもあげています。

 

これはカフカを迎える前にいろいろ調べてそうすることを決めました。

今は朝は「ペレットと牧草」、夜は「野菜と牧草」という与え方です。

野菜:ペレット:牧草=1:1:1.5

 

 

 

ですが、だいぶ前から「朝も夜も野菜あげようかな~」と思うようになりました。

うっ滞の原因で多いのが、牧草の繊維にペレットがからまって胃停滞してしまうことが多いと知ったからです。

これが適度に水分を摂れていれることで上手に押し流されるわけです。

 

 

今回、ぷーちゃんが“膿瘍”になってから再度食事について調べ始めました。

“膿瘍”のうさぎさんにとってペレットを噛むことで歯が歯の根元に押し込まれることは悪影響。

弱った歯の根元にペレットを食べることでさらに負担がかかって悪化させている可能性もあるわけです。

 

 

これまでただでさえ少ないペレットを減らして野菜に移行することをためらっていましたが、

これで決心がつきました!

ペレットやめます!(カフカ・ぷーちゃんともに)

ついでに固い牧草もやめます!(ぷーちゃんのみ)

牧草で歯を削って欲しいという思いで与えてきましたが、これも歯の根元に負担がかかるので柔らかいもの(3番刈り・イタリアンライグラスなど)のみに。

(カフカは健康な歯の状態なので牧草は1番刈りを中心に数種類)

今はペレット牧草しか食べないのでそれは継続。

 

 

歯は伸びたら病院で切ってもらうことにして、

“膿瘍”を少しでも良い状態にすることに集中します(b ̄(エ) ̄)b

 

 

野菜にすることの良さは他にもいろいろあるみたいなのでそれはまたそのうち。

とりあえず徐々に移行する方向で。。。

野菜:ペレット:牧草=2:気持ち:1.5

これで!

 

 

※この記事はこれまでの経験による個人的な感想です。

至らない点もあるかと思いますが、ご了承くださいm(_ _)m

 

~おまけ~

Dsc07790
 

最近、ぷーちゃんあまりケージから出たがりません。

おやつで釣って出してもうんちとちっこしてすぐに戻る。

ケージ外滞在1分sweat02

 

なのでおやつ食べてるすきにケージの扉閉めました。

だって~チビラはもっといっしょに遊びたいんだもの~笑

 

ケージに戻れないと分かればそれなりに走ってマッサージされるんですよ♪

Dsc07788_2

|

膿瘍経過&うっ滞

Dsc07764 

Dsc07765
 

Dsc07770 

大きくなり続ける膿瘍さん、

も~~~~、どっか飛んでけ~~~~~punch

 

 

この2ヶ月でかなり成長し明らかにお薬が効かなくなっているので、

次回の検診では先生と相談してお薬を変えてみます!

 

 

この状態、お口に食べ物をくわえるのがかなり大変そうです。

食事のスピードはかなり落ちました。

今は一気に食べることはなく数回に分けて時間をかけて食べます。

固い野菜(にんじんやセロリの茎)は食べなくなってきたので薄くスライスするようにしました。

 

 

牧草はふつうのんは食べず相変わらずペレット牧草です。

ペレット牧草を食べる量も半分ぐらいに減りました。

なので、うんちの大きさも2まわりぐらい小さくなっています。

 

 

こんなに見た目痛々しい状態ですが、

やはり食べることが大好きなぷーちゃん♪

ぷーちゃんの生命力はほんとうにすばらしい♪(* ̄ー ̄)v

 

 

※メモ:薬はキュウリよりもパセリ&みつば&大葉にふりかけた方が良く食べてくれるので変更。

 

 

 

 

話変わってカフカねぇちゃん。

問題なく元気だと油断していたら・・・

 

Dsc07753
 

Dsc07755_2
 

普段こんな向きで寝ることはほとんどありませんsweat02

 

 

そわそわと落ち着きなくあっち向いたりこっち向いたり。

試しに大好きなドライフルーツをあげてみても食べず。(深夜0:30)

ちなみに夜ごはんの野菜(19:00ごろ)は完食していて、牧草も食べうんちもまぁまぁ出ていました。

ケージから出してお腹を触ってみるとそんなに張ってる感じはありませんでしたが、

マッサージされている間もちょこちょこ体勢を変えてやっぱりうっ滞っぽい。

 

 

2時間後やっとうんちがポロポロ出てきて走り出したので、

とりあえずマッサージ終了。

ドライフルーツも食べたのでケージに戻して寝ました。

 

 

翌日にはすっかり元気でホッ。。。(* ̄∇ ̄*)

カフカは大きなうっ滞はしたことはありませんが、

数時間のうっ滞になることがこれまでもありました(2~3回)。

でも今回はほんとに久しぶりだったので。。。

気を引き締めます!

|

2012年3月23日 (金)

リラックス&トンネル♪

最近のぷーちゃん、だいぶ調子が良さそうです♪

 

Dsc07734 

くつろぐ余裕ができました♪

 

Dsc07736 

Dsc07737 

Dsc07738 

 

 

投薬を始めてからずっと

“クラビット&リゾチーム”はにんじんのすったやつ、

“ビタミンB12&乳酸菌”はジュースに混ぜてお皿であげていました。

 

“膿瘍”が大きくなるにつれてにんじんの汁やジュースであごが濡れてしまうのをすごく嫌がるようになって、

舌をめいっぱい伸ばしてキレイキレイしようとするんやけど、

うまくいかずストレスになっているようでした。

 

 

もともとお薬の時間を楽しみにするほど好きだったのに、

だんだんお薬を飲むスピードも落ち、食欲も落ちていきました。。。

 

 

Dsc07732
(バニファの店長さんにもらったシリンジ♪)

 

この度

・にんじんのすったやつに混ぜる→きゅうりの角切りしたやつにまぶす(乾燥野菜を細かくくだいて一緒にふりかける)

・ジュース→シリンジであげる

と変更してみました!

 

 

すると。。。

あごがよごれることがほとんどなくなり、

みるみる食欲が戻って体調が良くなったんです♪

(膿瘍には変化はありませんが・・・)

シリンジなら「桑の葉の青汁」や「アニマストラス」が入っていても気にせず飲んでくれます♪

 

 

やはり、

病気を治すには(健康な生活を送るには)

ストレスになることをできるだけ省いてあげることが必要不可欠なのだと実感しました!

 

 

 

 

 

話変わってカフカねぇちゃん♪

Dsc07743
 

シャカシャカトンネルを満喫してます♪

 

Dsc07744_2 

Dsc07746_2
 

Dsc07749 

Dsc07750 

こちらは問題なく元気です♪(* ̄ー ̄)v


 

|

2012年3月19日 (月)

♪まふっとぴょんぴょんず♪爪切り&くずの葉

恒例の爪切り@バニーファミリー大阪さん

今回はカフカねぇちゃんだけ連れていきました!

 

Dsc07702 

カフカねぇちゃん、

今日は店長さんに合わせて関西弁でお話するようです♪

 

Dsc07703 

どうやら、ぷーちゃんのことを相談してるみたいですね♪笑

 

Dsc07708 

チビラが気にしてたことを聞いてくれました♪笑

 

Dsc07712_3 

カフカはぷーちゃんが“アントニオ猪木”に変身するんだ!

と思っているようですよ(爆)

 

Dsc07713 

 

爪切りの詳細はメイトっちのブログで♪

 

 

先日、“膿瘍”に桑の葉が良いという記事を書きましたが・・・

♪まふっとぴょんぴょんず♪のメンバー、もんぴぃっちがすぐに送ってきてくれたんよ~♪

一緒に葛・ぴわ・明日葉・たんぽぽ。。。etc

Dsc07697 

桑を食べずに葛を食べるぷーちゃん(笑)

ほんとにたくさんありがとうございましたm(_ _)m

 

 

↓膿瘍のサイズ(3月17日現在)

Dsc07688_2

まぁまぁまぁまぁ。。。。。。

 

 

~おまけ~

Dsc07723 

へやんぽしててもゴハンができるころにはちゃーんとケージに入って待ってます♪

おりこうさん♪

|

2012年3月15日 (木)

シンクロ☆

Dsc07632


Dsc07636


Dsc07640


Dsc07647


Dsc07648


 

 

 

~おまけ~

Dsc07631 

よく見たらすごい顔のおねぇちゃん(。・w・。 ) ププッ

|

2012年3月14日 (水)

青汁始めました♪

民間療法で“膿瘍”に良いと言われている“桑の葉”。

無添加で余計なものがいっさい入っていない桑の葉の青汁、

無料サンプルを送っていただいて3月1日から始めています!

 

Dsc07627 

一袋にコップ1杯分の青汁の粉が入っているので、

ぷーちゃんやと15回~20回ぐらい作れる予定です。

 

 

お水に溶かしたやつをちょっと味見したら、

チビラ的にはお茶みたいでおいしかったんやけど・・・

ぷーちゃんは「イヤイヤ!」ってしたので(笑)ジュースに溶かしてついでにビタミンB12と乳酸菌も一緒に溶かしてあげています。

おいしいみたいで毎日楽しみにしてくれています♪(* ̄ー ̄)v

 

 

明日葉の青汁もあるみたいなので今度ためしてみよっかな♪

※“膿瘍”になると治癒に必要不可欠なビタミンB12が急激に不足するようです。

ふつう、うさぎさんは自分の盲腸便を食べてビタミンB12を補給するらしいんですが、

最近ぷーちゃんは食べ残しが多いし・・・何かで補わなければいけません!

ビタミンB12を野菜からとるのは難しくサプリメントで取ることが多いのですが、

明日葉はそのビタミンB12が含まれているめずらしいお野菜なのです♪

 

 

Dsc07616 

それから、ずーっと気になっていた「アニマストラス」。

免疫力アップのための天然ハーブ酵母のサプリメントです。

 

Dsc07619_3 

見た目は黒蜜みたいな感じ。

匂いは、ちょっと酸っぱいようななんともびみょ~な。。。

青汁とちがってチビラの好みではありません(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

 

そしてぷーちゃんの好みでもありませんでしたsweat02

ジュースで割ってもあかんかった~( ̄Д ̄;) ガビーン

 

 

少しでも痛みを忘れて欲しいので、

食べるものだけは「おいしいもの・うれしいもの」にしてあげたい!

試行錯誤して「体に良くておいしいサプリ作り」がんばります!

 



|

膿瘍治療(経過・記録)

昨年10月24日からの膿瘍治療。

26日からクラビット療法開始。(12時間おきに1日2回・食後)

・クラビット 25㎎

・塩化リゾチーム 15㎎

・ビタミンB12

・整腸剤

 

 

12月22日さわだ先生のお薬に変更。

・レボフロキサシン 25㎎

・塩化リゾチーム 7.5㎎

・メチコバール(VB12)

・ビオフェルミンR

 

 

12月30日薬の量を2倍に増やす。

・レボフロキサシン 50㎎

・塩化リゾチーム 15㎎

・メチコバール 125μg

・ビオフェルミンR

 

 

2月7日セカンドオピニオン。投薬継続。

・レボフロキサシン 50㎎

・ミタチーム 15㎎

・アリチア(VB12)

・ラックビー

 

 

1 

残念ながら、徐々に大きくなっています。

 

現在、ちょっとしんどい時期に入っているようで、

一晩中“膿瘍”や耳をカイカイしています。

ゆっくり横になって寝るのはつらいようで、

ほとんどの時間をトイレの上で過ごしています。

 

Dsc07603 

Dsc07613_3 

Dsc07615_3 

 

ゴハンやおやつはしっかり食べますが牧草は相変わらず食べられません。

水分のあるもの(お薬ジュースや野菜)を食べると必ずあごが汚れてしまうのですごく嫌そうです。

 

Dsc07623_3
 

 

とにかく、ゆーっくり体をマッサージしてあげて少しでも痛みを和らげてあげたいと思う。

 

Dsc07607_3
 

ぷーちゃん、できることなら代わってあげたいよ・・・

 

 

少しでも早く“化膿”の時期が終わりますように。

|

2012年3月 7日 (水)

膿瘍治療をがんばっているうさぎさん&飼い主さんへ☆

最近、“クラビット”や“膿瘍”で検索されてうちのブログにたどり着く方が多いみたいです。

ぷーちゃんと同じように膿瘍と闘っている子がほんとに多いんだなぁと実感しています。

 

 

うちのぷーちゃんの場合、歯(不正交合)が原因で膿がたまって“膿瘍”になりました。

この場合治らない可能性が90%と言われています。(治る可能性も10%ありますよ♪笑)

逆に言えば、他の部分(お腹や足)などにできた場合は治る可能性が高いのだそうです!

 

 

完治は難しいとされている膿瘍ですが、

うちがずっと続けている“クラビット療法”では、

化膿していて膿が固く痛みがある時期と、

化膿が終わって膿が柔らかく痛みもない(少ない)時期があるようです。

 

 

化膿している時期はどうしてもカイカイしたり、足ダンしたりイライラしていますが、

飼い主さんはやさしく頭をなでてあたたかく見守ってあげてください。

膿が柔らかくなっている時期は、食欲があって元気ならばうさぎさんにもほとんど負担がないんじゃないかと思います。

 

 

大切なのは信頼のできる先生を見つけて、決してあきらめず治療を続けること。

飼い主さんが思いつめることなく、うさぎさんに合った治療法を見つけて上手に“膿瘍”と付き合っていくことだと思います。

 

 

長くなりましたが、みなさんいっしょに膿瘍治療がんばりましょう♪

 

 

※この記事はこれまでの経験による個人的な感想です。

至らない点もあるかと思いますが、ご了承くださいm(_ _)m

 

 

|

2012年3月 6日 (火)

膿瘍治療&歯切り(記録)

先月、2月15日の偽妊娠以来、1番・2番・3番刈りの牧草を食べんくなったぷーちゃん。

(イタリアンライグラスとペレット牧草は食べていたので●は良好)

 

 

“膿瘍”もだいぶ大きくなってしまいました・・・

Dsc07515 

実際は大きい“膿瘍”に小さいのが2個ぐらいくっついてる感じです。

 

 

 

前回の歯切り(10月2日)から約5ヶ月、

「もしかしたら歯が伸びてるかもしれないな~」と思いながら病院へ。

Dsc07523 

ついでに爪も切ってもらいました♪

 

 

 

 

歯は前回ほどではありませんが右下の奥歯が2本伸びていました。

Dsc04900_2 

今回は無麻酔で切っていただけたので写真がないので、

前のやつを再利用してます。

 

今回は右下の1番手前が伸びていて、4本目がとがっていました!

間の2本はおそらく“膿”の原因になっている歯のようで、

その影響でほとんど成長していないそうです。

そのため、バランスが悪くなって両端の2本が伸びてしまったのだろうとのことでした。

 

 

今回麻酔なしで切ってもらいましたが、体を押さえられて突然パチンッと切られるわけですからストレスも大きいだろうと思います。

でも今後定期的にカットすることになるでしょうから、麻酔による体への負担を考えるとどうしても「無麻酔」をえらんでしまいますね。。。

 

 

 

Dsc07525 

プルート 「おやつちょうだい!」

 

 

歯切り直後、ほんとにドライフルーツ食べました♪笑

まだ固い牧草は食べられませんが元気モリモリです!

 

 

 

※膿瘍はさわっても悪化するということはない。

※触って嫌がる時は化膿している最中で“膿”が固くなっている。→ぷーちゃんはしんどい時なのでムリにさわらないこと。

※触っても嫌がらない時は化膿が終わって“膿”が柔らかくなっている。→ぷーちゃんはたぶん楽。

 

 

~おまけ~

Dsc07497 

美しいボディーラインheart04

|

膿瘍治療(記録)

2月7日、投薬治療を始めて3ヶ月ちょっと経過。

なかなかお薬の効果が出ないため、“腫瘍”の可能性を考えセカンドオピニオン

今回は家からは1時間弱かかるけれど、うさぎさんに強い病院です♪

 

2012020706_3 

通院もすっかりベテランのぷーちゃん、●もちっこもちゃんと出ます♪(* ̄ー ̄)v

 

 

Pastedgraphic1_2 

右下の歯の根元の部分が“膿”によって溶けてもや~っと写っていました。

その歯を再形成しようとして過剰に石灰化(骨のようなもの)されてしまったものが、

あごの下のコブになった部分です。

現在はさらにその周りを“膿”が覆ってる状態です。

 

 

結果、“腫瘍”ではなく“膿瘍”で間違いありませんでした!

 

 

Pastedgraphic5 

ついでにボディーもチェック♪

胃には食べ物がたくさん詰まってて、腸にも●がちゃんとできてました!

脂肪の量も正常で今の体重がベストなようです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

 

 

お薬↓

Dsc07171
 

今までのお薬で悪化するのを抑えてきているので継続することになりました!

 

※レボフロキサシン・塩化リゾチームをいっしょに投与すること。

※乳酸菌は↑上のお薬との相性が悪いので時間を空けること(最低でも1時間半ぐらい)。

※りんごジュースやドライフルーツなどの糖分や酵素もお薬との相性が悪いので、あげる場合は時間を空けること。

 

 

 

 

 

~おまけ~

Dsc07164 

病院で出会ったネザーのぷーちゃん♪綺麗な毛色の男の子♪

名前もいっしょで親近感heart04

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »